色即是空的こころ・・⓭

・・先日ひさしぶりに、札幌の会場で『“空・くう”』といったテーマでお話をさせていただきました。途中で『無の瞑想』を行う時間もいただいて、とても充実した集会でした。

まぁ、仏典のなかで仏陀が“空”を説いている場面といえば有名な処では、『スッタニパータ』の№1119ですよね・・。ひとりの学生が「死をのり越えるためにはどうすればよいのか?・・」といった質問を仏陀にするわけです。

そこで仏陀曰く、「・・常によく気をつけ、自我に固執する見解をうち破って、世界を空(くう)なりと観ぜよ。そうすれば死をのり超えることができるであろう。このように世界を観るならば〈死の王〉は見ることがない・・中村元訳・・」

・・そこでこの三行足らずの短いフレーズを観てみると、このなかには大切なポイントが三つあるのではないかと思うわけです。

①「“自我(わたし)”の見解に固執する見解を打ち破る」②「世界を“空くう”と観よ」③「“死”をのり越えることができる」・・ご案内のように①は無我②は無常のことですね。

・・ご案内のように、“空・くう”というのは“無限”ということです。“空”つまり無限ゆえに境界も無く仕切りも壁も無く、自他の区別も無いわけです。

ですから、“空”の立場から観るならば、自我(わたし)と他のモノや他人を区別するものは一切無い。なぜなら、すべては“チリ=無限の物質”でできていて、その物質の名札に“わたし”とか“あなた”という名前が書かれているわけでないしょ・・ということです。

“空”においては自他の区別が無いゆえに、そもそも自我・わたしというモノは無いわけです。“わたし”というものは無い・・つまり、ここであの有名な『無我』といった定番のフレーズがでてくるんですね。

すべては、無限の時間と空間のなかで無限の一部として永遠に変化しながら、ただひたすらカタチを変えられながら存在し続けるだけですよということで・・これが『無常』。

我々がたまたま地球のうえにこうして居るということも、エロヒムという知恵(科学)を持った生命体によってその“無限の物質・チリ”が集められ、練られて遺伝子といった設計図によって心と体の機能が与えられて活動している・・

そのような“チリ”のかたまりのことを我々は生命あるいは生命体と呼んでいるにすぎないということなんですね。まぁ、このような永遠なる時空の中での知的生命による生命創造の循環を『空・くう』と定義させていただいたわけです。

そういったわけで、仏陀にしても3000年近く前にも、この真実を“ヘビ”から教わったわけでして・・この内容を彼は当時の人々に対してもそれなりに解りやすい言葉とたとえ話でもって伝えたのではないでしょうか。

まぁでも、何度も言いますが“空”の基本は「人でも物でも、この世界のありとあらゆるものは“チリ=無限の物質”で出来ている」ということですからね。

つまり、我々は無限の循環=変化の中でその“無限の一部”として、色んなカタチでもって生きているわけです・・

例えば、現在の自分の脳ミソの細胞を形成している物質は、1000年前にフランスの田舎に居た農夫の腕の細胞を構成していたものかもしれないしね。

また、ある時は100年前の知床の森に生息していたヒグマの体の一部だったのかもしれないわけですよ。

それらが時を経ながら、巡り巡って現在の自分の脳細胞の一部になっていたり、自分の体と心の設計図である遺伝子・DNAを構成している物質だったりするわけです。

仏陀にしてもこのようなたとえ話を織り交ぜながら、当時の人達に“空”の話をしたのではないかと思うんですね。そして、仏陀が語ったこういった「生命循環のたとえ話」が時代を超えて人から人に伝えられるんですね。

そこで、誰々の前生はフランス人だったとか熊だったとかとかね、単なる永遠なる物質の循環が個人の前世物語としてたくさん作られる。おかげで輪廻転生といった迷信が人々に浸透していくことになるわけです。

ですから、何度も云うようですが空・無限の立場から云うならば、この世のあらゆるモノ、目に見えるモノから目に見えないモノ、すべてのモノは無限の物質とエネルギーとして永遠に変化しながら(死なずに=無くならずに)存在しているわけです。

今なら、おそらく仏陀は質問した学生にこう答えるのではないでしょうか。「・・人の死というのは何も怖いものではないんですよ。あなたは無限からやって来て、無限の一部として生きて、そして無限に還って往くだけなんですからね。

ある時期にあなたを体と心を形づくっていた無限の物質は、あなたの死後まわりの物質とエネルギーと溶け合い、そのエネルギーと物質は他の人々・動物・植物・水・空気・・etc・・となって生き続ける・・。

そこには‟死”というものはない・・そういった永遠の循環のなかで無限に存在し続けるわけですから。

大切なことは、‟いま、生きているあいだに・・”自分というのはそういった永遠不滅なる無限の一部だということを知り、その無限なるものを実感し、そのことをよく理解することなんです。

あたかも自分が無限そのものであるかのようにです。そうすることによって、あなたの”死”をのり超えることができるでしょう・・。」  つづく