色即是空的こころ・・❺

・・まぁ、でも他人に足を踏まれて・・ケース①『痛てぇー、どこ見てんだコノヤロー・・』と言って、いまにも相手に殴りかかろうとする場面もあるし・・。ケース②『痛ッ、どうも~おかげで眠たい目が覚めました・・』といった場面もあるわけなんだけれど・・。

どちらの場面にも、自分をキャスティングできるわけでしょ。御案内のように、ケース②はイエスの選択したビジョンなんだけれども、この二つを比べてみると①も②も『痛み』は同じでしょ。

誰でも「感覚」ってものはあるわけだからね。ただちょっと違うのは、その“痛み”を『あぁ~痛いなぁ、もおっ!』というのか・・単に、あたかも他人の足を踏まれているのを観ているかのごとく・・『痛み!』と観るのか・・ということなのね。

主観(主感)!?では無くて、客観的に感覚を観るってことが違うわけです。まぁ、この客観性が身に付くのは、なかなか一朝一夕にはできない 、一つの「観察の訓練」によってできる技なんだけれど も・・。

「痛みは単なるひとつの現象・感覚として、これを観る・・」というのは、そういった訓練の成果なわけです。その流れを簡単に言うと・・まず“痛み”をよく実感する・・そして、その痛みから闇雲に逃げないで観てみる・・。

落ち着いて、それを観ることによって、まず「痛み」を少しは受け入れることができるわけです。それから、その“受け入れ”が「痛み」というDNAの大事なシステムがあって、それは我々が生きていくいくための 大事なプログラムなんだという“理解”に導いていくわけね。

そういった理解が、先入観で“痛み”じたいを“嫌悪する”といった感情に走るのを抑制してくれるから・・『痛み』でストップ!できるようになる。確かに、痛みといった感覚は気持ちの良いモノではない・・。

しかし、こういった感覚は永遠に続くものではないでしょ。そのうちに消えてしまうし、痛みがあるから生きているんだといったような・・そんな大らかなビジョンが段々と出来てくる。そして大事なことは、そういった“大らかさ”を作るモノですよね・・。

こういった(この場合は痛みを)受け入れる・理解するといったエネルギーも、訓練のなかに導入しながらやるわけですから。観察(意識)と一緒に、そういった「理解しましょう・受け入れましょう・許しましょう」といった“心もよう”の基になっている・・ 云わば『慈悲のエネルギー』も併用して、訓練していくわけです・・。

・・さらに、“ヘビ”が得た知恵を仏陀が弟子に説く・・『・・我々人間も、意識も心も、肉体もチリも、すべては無限の一部、つまり“空”なのである・・』。

・・無限・空(くう)の立場から観ると、生も死も無限の小さな一部分であり、ゆえに生きるというのは、無限の一部である意識を持った、人間という無限の一部が、無限に近づくための、ささやかな方便にすぎない・・。

しかも空においては、意識も無意識も無いし、意識が高いも低いも無い・・。意識もチリも一緒・・。チリのなかに意識があり、意識のなかにもまたチリもある・・。

まぁ確かに、意識にしろ、慈悲のエネルギーにしろ、我々が幸福に生きていくためには、とても役に立つ重宝な道具だとは思うんだけれども、 しかし意識(慈悲)なんてものは、生きているからこそ使えるわけで、この道具をうまく使って、我々もエロヒムの世界に少しでも近づこうというわけですよ。

彼らは無限を観察し、それをよく理解したからこそ、その無限から取り出したエッセンス・知恵を彼らの社会づくりに応用できたわけですからね。彼らの社会は限りなく、無限に近づいている・・。何しろ不死ですからね。

・・限りなく死が生に近づき、生が無限に近づく・・。まぁ不死とはいっても、これはメビウスの輪のように、生の面がある時に死の面に変わるだけですからね。生も死も、なにも特別なものでもなく、また執着するものでもない・・。

それゆえに、個人の開花も好み・わがままも、どのような生き方をしようと、生と死の自由と快楽は限りなく許されてるわけですからね。例えどのような快楽でも、快楽などはいらないといった快楽さえもね・・。

すべての人間を限りなく理解し、限りなく受け入れ、限りなく許す・・そのくらい個人も社会も限りなく“無限”に近づいていく・・。そして、いつかは無限にかえる・・無限からきて・・無限にかえる・・。

一切は空なり